番地タイル

f0023069_2343162.jpg

 
最近イエネタばかりですみません。引越しの準備しなきゃーいけないのですが、荷造りもせずに日が過ぎて・・・・。
 それはそうと、キッチンタイル以外にイタリアから買ってきたもう1種類のタイルも入りました。
番地タイルです。イタリアの民家の門にはきれいに焼かれた陶器の番地タイルが埋め込まれているのをよくみかけます。リゾート系の街だと、海の景色が描かれた番地タイルを見かけたりします。そういうのは焼く段階で番地も書いてもらってから焼くので一枚のプレートにキレイに収まっているのですごくキレイです。
↓ これは番地タイルじゃないけれど、観光案内もこんな風に。(アナ・カプリにて)
f0023069_2350393.jpg


私も時間があれば、番地タイルをオーダーもしくは、うちの番地で一枚プレートになっているものを・・・と思ったのですが、3ケタ+1の一枚板のタイルがあるわけもなく。
 このレモンのタイルはカプリ島のお土産やさんで見つけて買いました。いかにも、お土産~ってかんじなのですが、新婚旅行の思い出だし、ま・いっかと。
レモン柄とバラ柄があって、最初はバラ柄を選んで包んでもらってから「やっぱレモンが良くない?」ってことになり、取り替えてもらいました。けど、実際に家ができてみると、レモンというより、バラのほうが全体的な雰囲気に合っていたような・・・。タイルの上、ミッキーだし(笑。
 おまけに、今頃になってえなりくんにカナダ製の番地タイルのカタログ見せられました。やはり、家がカナダ輸入住宅なので、あわせて、番地タイルもカナダ製のものが柄がしっくりくるのではないかと思われました。イタリアかぶれだけれど、これは認めざるを得ない!
だれもそこまで人ん家のトータルバランス考えないよって思うのですが。

 まあ、勝手に買ってきたタイルやらなにやらを思い通りに取り付けてくださった各種業者さんに大変感謝しております!!
 6月からは新しい生徒さんがたくさんいらっしゃることだし、初めて来る方、このタイルを目印にたどり着いてくださいね~。
[PR]
by buonaforchetta | 2007-05-10 23:43 | アタシンチ日記
<< カルチョーフィ♪♪ カーテン作り >>